2014.12.22

「Tail Peace Tour 2014」



☆12/20(sat)原宿アストロホール

Tail Peace Tourとなって5年、
その名前をつける前からこの1年の締めのライブをここ原宿でやっている。
ちゃんと覚えとらんけど多分もう10年近いんじゃなかろか??
なので自分の中で箱に入るまでのルーティーンみたいなものが出来上がっとるみたいで
明治神宮前駅から降りてクリスマスムードの人だらけの中を抜けていくていう感じになっとる。
おそらく最初の頃は明治神宮前駅のすぐ近くに同級生がやってるカフェがあったのでそこに寄って行くていう感じでそうなったんだと思う。
住んでるところからだと遠回りになる事がある時でもわざわざそうしとったくらいやけんね。

なのに今年はMCでも言いましたが何故か間違えて表参道駅で降りてしまい
もちろん大したことではないのですが多少はガ~~ンとしたまま会場入りしました。

そんな時に矢野くんから「TPTラスト頑張ってください!押忍!!」とメールが入る。
共に闘ってきた仲間もこのライブを感じてくれてるんだと思い気合が入ったのと
続けてきたTPTが我々にもお客さんにとっても何かば感じあえるもんになって来とるんやなと嬉しくなった。

今年も最高の締めでございました!どうもありがとう!!
なんだか久しぶり??にご機嫌に酔っ払った夜やったしね。

ふんならまたまたクリスマスもまだなのに早すぎるご挨拶ですが
今年も1年ありがとうございました。
来年は明けたらすぐライブです。

良いお年を!!!


2014.12.16

「Tail Peace Tour 2014」



☆12/13(sat)名古屋ell.SIZE
☆12/14(sun)大阪シャングリラ

Tail Peace Tourのセットリストを考える時に毎年必ずやるのが
まるでノムさんのID野球???かの如く 
1年のセットリストのデータを取る事だ

どの曲を何回演っただとか、どの曲を全然演ってないだとか
この土地では前これやっただの……とかを数字にしてみると
当たり前だが今年の自分のやりたかった事の傾向が出たりもするので面倒なのだが意外と面白い
一年の締めのツアーへ向けての気持ちも高まったりなんかもする。

今年の結果を見てみると
リリースの年だったので7↓8↑の曲が中心になっている当然な結果。
そんな中でびっくりしたのが例年2回くらいしかセットリストに入って来なかった
『ダミーリリック』がレギュラークラスの成長を遂げていた事やったな。

とは言え
このデータの結果がTail Peace Tourのセットリストに生かされるのは
だいたいいつも1曲か2曲くらいなんやけどね。
結局『何を表現したいのか!』という事でセレクトしていくので
このデータ取りは俺の年末行事の遊びみたいなもんです。



長々と訳のわからん話を書きましたがTail Peace Tour始まっております!
名古屋、大阪 共に最高でございました!! ありがとうございます。

始まったばかりですが、なんと!次が驚くことにファイナルです!!!
あと一回しかこの最高な感じに仕上がったセットリストは出来ないのかよ~、、、、
と言う 思い残しをしないくらいの全力でお送りいたします!!!!!!

ふんならお楽しみに!是非遊びに来てはいよ!!


2014.11.25

スキップカウズ「フルムーン」リリースツアー



⭐︎11/21(金)仙台LIVE HOUSE enn 3rd
⭐︎11/23(日)青森Quarter

楽しいツアーだった!
綺麗な紅葉と絶景なお岩木山まで観れるおまけ付きやったしな。

昔からよく言ってる話なのだが、
俺は意識的にも無意識にも、基本対バンを意識してライブはやらない。
もちろん良いバンドとやれる事はとっても気持ち上がるんやけどね
ピッチャーとバッターの様に直接な対決というより
ピッチャーとピッチャーの投げ合いみたいなもんだと思っているので
とにかく自分のピッチングをするだけなのである。

ばってんが今回はプロデュースで参加したこともあって、
どっかスキップの一員でもある自分がおったんよね。
とは言え対バンなので聞かれたり相談でもされない限り
何か口出しをする気はサラサラなかったのだが
どうしても一員モードが抜けきれんかったようで
東京でほんのちょろっとだけ遠藤とバンドのサウンド面の話をした
そんなちょろっと話でありながらも、この二本のライブでそれを見事にクリアしてて
凄く良くなってたのがなんだか嬉しかったし、流石ベテランバンドやなとまた思った。
セッションも楽しかったし、「思い出ガソリン」の歌詞を恭一と変えて歌ってくれたイマヤスの気持ちにもグッと来た。

まあばってん後はもう俺は知らんけん、勝手に売れたり何なりしてはいよ!


さて我々杉本恭一とバンドのメンバーは
レコーディング、リリース、リリースツアーと育てまくった「7↓8↑」を
超熟成しまくった状態でアルバムの世界観をお届けする事にこのツアー見事成功し
いよいよ迎える恒例のテールピースツアーに向けて大変気合はいりまくっております。

今年は東名阪の3本ではありますが、是非是非遊びに来てください!

ふんならば!!

2014.11.18

スキップカウズ「フルムーン」リリースツアー



⭐︎11/16(日)高円寺HIGH

久々の高円寺、だけどHIGHに着いたら青森??
サクラメリーメン、スキップカウズ、遊びに来てくれた水戸くん
青森土曜ワラッターの面々大集合てな感じだ。

自分も勝手にそのグループの一員の様な気分満々なのだが
よくよく考えたらうちのバンドだけレギュラーやってる人間いないのでちょい違うのか?
ばってん青森の人間がいるのはうちの大樹だけだな!って事を何故か高円寺で考えていました。

この日のライブは予告通り頭から8曲目までアルバム「7↓8↑」の曲順通りにやると言うセットリスト
こんな事やるの、個人的には多分初めて???だと思うが大変面白でございました。

皆さんの頭や体に入ってる順番でライブが進んで行くていうのはどげん感じだったでしょうか。
今週末からの仙台、青森もこのセットリストで行くので是非体験してはいよ。

それでは私もプロデュースで参加しとるスキップの
ニューアルバムアルバム「フルムーン」共々どうぞよろしくです!

2014.10.19

「CS」


最終回、テレビの前の俺は虎の帽子とユニフォームを着て立っていた。

どうやらナンダカンダ言いながらも相当嬉しかったみたいだ。
まだまだ今シーンズンタイガースの試合を観れるという事がとっても嬉しい!


2014.10.12

「VS880-KS Vol.22」



☆10/10(Fri)下北沢CLUB251

この日はチリヌルヲワカを迎えてのVS880!

毎年アコギツアーを終えての一発目のライブというのは実に発見が多い。
同じギターとはいえ色んな事が全然違う事はわかりきっているのだが

それでもツアーでアコギから得た感覚というのものは
エレキに戻った時に色々な事がヨカヨカヨカ~な感覚になっていて面白い。
常に両方をプレイしてるギタリストにとってはそんな事無いのかもしれないが
ここ数年の俺の極端な接し方だととにかく発見の連続なのである。

何言ってるか全然わからないと思いますが
簡単に言うとまたまたギターを弾くという事がさらに好きになったという話です。

さて、この日のライブの中盤の音に包まれまくる世界の気持ち良さから
後半のRed Monkey~Go onの時に感じたお客さんとバンドからのもの凄いパワー!!
なんともたまらんかったライブやった。
どうもありがとう。

さて次はスキップのリリースツアーに呼ばれています。
彼らのヨカヨカ!なニューアルバムの発売を祝いまして
次のライブの8曲目までのセットリストを発表しときます。

1曲目から8曲目までは「7↓8↑」の曲順のまんまでお送りします。

お楽しみに!

2014.9.25

「アコギな夜2014」



☆9/23(火)南青山MANDALA

楽しい夜だった。

ひとつのツアーが終わると必ず一回空っぽになるんだが
そんな状態の中でも、
もっともっとやりたい、もっともっとやれる、もっともっと見つけれる
そぎゃん感覚になっとるよ。

アコギと歌に正面から向き合うこの期間は毎年実に色んな発見があって面白い
すでに恒例となっているが、来年は是非行けるとこ増やしてやりたいな~、、て思いよるよ。

この日のファイナルは矢野君と大樹も駆けつけてくれて
アコギ、ベース、スネア2つというかなり変わった編成で2曲やったがこれも楽しかった。
楽屋で4人でポロシャツ姿になった時に、まるで80年代New Wave?の様な佇まいに
思わず『ポロシャッツ』としてアー写??を撮りました。
まあその辺はPhotoページで楽しんで下さい。

あ!  この日物販で買い物をした人は是非友人達に
「これ南青山で買ったの~」とシャレまくっといてはいよ。

さてアコギツアーは終わったばってんが
バンドのライブ、ツアーもすぐだ!

次は爆音の中お待ちしております、ふんならば!!!

2014.9.22

「アコギな夜2014」



☆9/19(金)仙台HEAVEN
アコギな夜の旅も最後の二本、広島以来のひとりver。
この日は会場と楽しそうなお客さんのムードに乗りまくり、凄く自由な感じで楽しみまくる。

3パターンの編成で行われてる今回のライブだが
どのパターンも全然違う楽しみや良さがあっておもしろい。
全パターン観てもらいたかったて言うのは贅沢やろか。

この日の夜は仙台にいた森と長渕ツアーで前乗りしてた矢野君と
偶然とは言え強い縁を感じつつ楽しく飲む。


☆9/21(日)青森1/3

何か凄く気持ち良く歌とアコギが鳴りまくった夜だった。

デビュー当時の青森での楽しすぎた思い出や景色がある曲の中で色濃く感じられた
やはり青森でのライブは俺にとってイロイロな事がヨカヨカなのである。

昼間にマグロ丼を食べに浅虫に出かけたんだが
久々すぎる浅虫の海や景色が天気の良さも手伝って最高やった。

うむ、、、揺れまくる機材車の中でこれ以上文章書くのはしんどくなってきた

なんさん明日はアコギな夜ファイナル
ツアーで得たもん感じたもんを全部音楽で出すんで楽しみにしといて下さい。

ふんならば!


2014.9.17

「アコギな夜2014」



☆9/14(日)名古屋ell.SIZE

with矢野一成、ひとり、とやって来てこの日はwith有江嘉典の初日
アコ夜では始めてのアコギとベースという編成
スタジオリハの段階から二人であーだこーだ意見交換しながら音を作っていった。
自分の音が鳴り始めてる今のアコギとフレットレスベースの揺らぎがええ感じでハモっていったな。

この日の打ち上げはELLでライブだった人間椅子と一緒に
エレキ出身のアコギ弾きとしてワジーとアコギの話で色々共感し合う事が多くて面白かった。


☆9/15(月)大阪シャングリラ

シャングリラの舞台の木の響きの反射とシャンデリアの灯りが何とも気持ちんヨカ夜だった。
今回始めて同じ編成での2本目という事で表現の自由度も増えてた様に思う。
それにしてもやはり有江嘉典という男は頼りになるミュージシャンである。
10年以上一緒にやってるのにまだまだ新たな凄みを感じる瞬間が多い。

あ!もちろんMCでも頼りまくっています。

なんさん楽しか2本でございました、ありがとう!

さてすぐ今週末は広島以来のひとりVerで仙台、青森に行きます。
これまた一人でしか表現出来ん部分をブイブイ出してやるので是非よろしくです!


2014.9.8

「アコギな夜2014」



今回のツアーのスタートが福岡だったこともあって
その二日前、二年ぶりに故郷熊本に帰る。

久々な上に短い滞在なので実家で両親とゆっくり凄そうと思っていたら
夕方には夕食を食べるなどの極端な前倒しの生活パターンに体内時計に乱れが生じ
たった二日間で海外帰りの時でも体験した事無い様な猛烈な時差ボケ??を感じる。

☆9/5(金)福岡music bar S.0.Ra.Fukuoka

熊本から33分ほどで福岡に着く新幹線のあまりの速さに普段の距離感に乱れが生じ時差ボケが進む、、、

だが博多駅に迎えに来てくれた矢野君の変わらない満点すぎるヨカヨカな笑顔に気持ちが上がり
とても嬉しくなりシャキッと覚醒する。
ざっと合わせたぐらいのリハしか二人では出来てなかったのだが
そこは長年培った息の合わせ方もあり大変楽しかライブでございました!

ばってんがライブの終盤、2時間近くやってたのにお客さんに「まだ一時間しかやってない」
と冗談を言われた時に驚きつつも完全に信じてしまった所は時差ボケの後遺症だったのかもしれない。

☆9/6(土)広島LIVE Cafe Jive

今回のアコギな夜で表現したい事ていうのがいくつか自分の中でテーマがあって
それを試して感じるのにこの箱での一人バージョンは最適だった。
音楽の中にある景色ば見せたか、てな感じの事が
自分にもお客さんにもヨカヨカな感じで歌とアコギが鳴っていたのが感じれたライブだった。

さて来週は有江くんとの二人バージョン。
これまた是非是非楽しみにしとってください、ふんならば!!!


2014.8.26

「VS880-KS Vol.21」


☆8/24(sun)下北沢CLUB251

SPARKS GOGOを迎えてのVS880-KS大変楽しゅうございました!

真夏のライブハウスの楽しさと凄まじい酸欠を感じまくった一日だった。
楽屋で見事なくらい誰のライターも火が着かず
たまたま着いた人の煙草の火種をみんなでまわし合うという感じやったけんね。


さて、
ここんとこの俺は来月から始まるアコギのツアーの準備もあって
すっかりアコギモードの日々を送っていたため
この日のライブはまるでその反動が出たような攻撃的なセットリストになった。

バンドライブで思い切りエネルギー振り切れまくってからアコギツアーに向かおう!
という考え方だったので
ふんに振り切れまくったライブになって実に面白かったです。


それから、
去年から縁あって付き合いが始まり作ってもらった
尼崎のコンポーネントブランドSagoのギターを中盤初お披露目。
久々にしっくりくる一本に出会ったので今のメインと共に
ジック~リ、ベッタ~リ可愛がっていこうて思っとります。



ふんなら皆さん是非アコギな夜でお会いしましょう!


2014.7.26

「20周年no夏ノ陣!」


☆7/24 (Thu)下北沢CLUB Que

暑い、、、暑すぎる、、、、
上のタイトルと日付をタイプしてるだけで汗が出る
ブラブラするのが好きな俺にとって真夏という時間は本当につまらない!
早く真冬になればいいのに!

ガキの頃は反対で一年中夏だったらいいのに
いや、一年中夏休みだったらいいのにと思うくらい夏が好きだったとにね



ツアー終わって一ヶ月、毎日がライブみたいな生活からこの通常生活に戻ると
ほんとポッカリ穴があいたようで、ライブばせんと生きとる気がせんな。
なのでこの日は生き返りまくった一日でありました!
ゲリラ豪雨や電車が止まるなど色々と大変な中
しかも平日でありながら来てくれて大変ありがとうございました。


打ち上げでQueのボス二位君が
「おとといMAGUMIさんと打ち上げで朝6時まで飲んでましたよ」
と言うので「流石MAGUMIはまだ元気バリバリやな、もう俺はそぎゃん飲めんよ」
などと話しながら気づいたら朝6時まで飲んでしまい
「同じじゃないですか~!」
というオチまでついた大変楽しか夜でした。


2014.6.23

「7↓8↑Tour」



☆6/21(sat)下北沢CLUB Que

なんさんヨカツアー、ヨカファイナルだった!

本編終わって楽屋に戻った時にメンバーとその手応えを感じ合う場面があったのだが
これって意外とあんまり無い事である。

もちろん文章では伝えられない部分だし、
記録用に録ったビデオを観ても何かちょっと違う
この日ここに集まってくれた人達と我々バンド、
この箱の空気を共有していた人にしか感じられない何かが凄くあったライブだった。

ツアー中に大樹が「俺ダミーリリックのサビの時の客席の景色が大好きなんですよ!」
と語ってたのだがこの日もまさにこの歌の歌詞の如く 絶景!ZK!でございました。

まだまだこのツアーやりたかった〜って気持ちを
この後の新たなライブにむけて上昇させて行こうと思っとります!!

どうもありがとう。


2014.6.18

「7↓8↑Tour」



☆6/10(tue)岡山PEPPER LAND
☆6/11(wed)福岡The VooDooLounge
☆6/13(fri)大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
☆6/15(sun)名古屋ell.SIZE


七泊八日の旅 無事終了。
ツアー帰宅日恒例の超爆睡を何とほぼ丸二日もやってしまった。
帰って来てからずーっとベットにおってまだ家を一歩も出てない事に今気づいた所である。
さすがに飽きたのでちょっと天気悪いがブラブラしようと考えながらこれを書いてる。

今回の4カ所もふんにヨカヨカだった。
メンバー4人マネージャー1人計5人が自分の役割をフルにいかしながら
グングン上昇していくさまがやっぱりツアーの醍醐味である。
少数精鋭ながら大所帯なチームにも負けない
かなりレベルの高い表現が出来てると勝手に思っております。

「7↓8↑」を中心とした今回の曲達はその街が全部違う様に土地土地で凄く表情を変える
なので演奏表現が凄く楽しかツアーやな。

本当は後20本くらいこのセットリストでツアーやりたかったが
ファイナルの下北で全部出し切るくらいでやるんで楽しみにしといてください!

ふんならば!!

2014.6.4

「7↓8↑Tour」


☆5/30(fri)仙台enn 3rd
☆6/1(sun)青森Quater

待ちに待っとったツアーが始まった!

5月の終わりまで東京から見事に出る事無く過ごしていたので
ツアーが!旅が!ライブが!とても恋しかった。

今回はニューアルバムのリリースツアーなので
7↓8↑の曲達をどうライブで鳴らしていこうかと考えるのがもちろん一番なのだが
その前後を固め7↓8↑の曲達の世界をさらに拡げてくれる曲を
去年のTail Peace Tourで聞かせられなかった曲達の中から積極的に選ぼうと考えた

それで出来上がったセットリストは自分の中でも”かなり”新鮮な感じになっとるな

もちろんどんどん進化、変化していくんやろうけど
是非是非7↓8↑Tour遊びに来て体験してはいよ!

仙台がツアースタートというのはあまり記憶に無かったが
なんさんええ~感じで始まる事が出来た
さらにミスターアスパム中畑大樹を率いての青森も、もちろん最高でございました。

ありがとう、この後の西のツアーもどうぞよろしくです!


2014.5.1

「VS880KS Vol.20」



下北でライブして下北で飲んで
下北でRECして下北でまた飲む

そんな2日間だった。

どんだけ下北しているのだろうか!
この小さな街には信じられない数のライブが出来る店があり
リハスタもRECスタも沢山ある。
毎日が音楽フェス状態のこの街は一体一日にどんだけの数の音楽が溢れかえっているのだろうか?

その下北で溢れかえってる音楽の中の一つであった3-10とのVS880KS
もちろん楽屋もライブも色々溢れかえりまくりで大変楽しゅうございました。

どうもありがとう!

MCでも言いましたが今俺の頭の中はニューアルバムとリリースツアーの事で溢れかえっております。
一本のライブの中に7↓8↑の全曲が入って来るとどんな感じになるのか
今から自分でもとても楽しみです。

是非ツアーでお会いしましょう!!!!!


2014.4.17

「7↓8↑」



マネージャーからメールが来る
「7↓8↑の読み方をそろそろ決めないとショップなどでの予約などに困る」との事

なるほど!

俺的にはただこの並べた文字面が気に入っただけで
読み方はその人の自由ぐらいのワガママぶりだったのだが

流石に俺では当たり前だがプリンスの様にはいかんな。

矢印を言語にすると長々となるので発音は
「7 8」「ナナハチ」「ななはち」「nana hachi」でヨカです。


またアルバムの事はゆっくり書いたり、話したり出来る様にしたいと思っています。

ふんなら、もうすぐみなさんに届ける事が出来る「7↓8↑」をどうぞよろしくです!!!

2014.3.24

「KYO1/KYO50」


☆3/20(fri)下北沢GARDEN

50年も生きてたり、この音楽の世界で30年近く活動していると
良くも悪くもある程度の予測が出来てしまい
これまた良くも悪くもその通りに近い結果が出たりして「やっぱりね!」みたいな事が殆どだ

ばってんが!!!!
この日は全てが自分の想像を大きく上回っていた一日だった。

500近いお客さんに集まってもらったことも
遠方から駆けつけてくれた仲間やミュージシャン
なんさんお客さん、スタッフ、仲間、ミュージシャン達の愛をびっくりするくらいたっぷり感じました。

お世辞で人に言ってもらってる程自分が音楽で何か爪痕を残せてる様にはまだまだ全然思っとらんし
まだまだやみくもに石やら何やら投げ続けとるところやけんな。

なんさん本当にありがとうございました。
この日に頂いた気持ちを宝にたくさん音楽で返していきたいと思いまくりました。

アルバム完成も近かし、リリースツアーもすぐだ!
ふんなら来月は3-10とのVS880で!!

2014.2.23

「Rockland VS880-KS Vol.19」



☆2/27(Fri)下北沢CLUB251 with GHEEE


月曜日にOil in Lifeの番組出演が終わり
中野のスタジオから機材車でまっすぐ帰宅。
その夜ベットに入っても高ぶったままで全然眠れない時に思った

「打ち上げは重要だ、、、、」

Oilでは8曲くらい演奏して歌ったので
どうやらライブ後の高まったまんまの状態と同じになってるようだった。

最近は昔ほど打ち上げに対して熱く?なる事も無く
朝まで飲むぞー! とか 吐くまで飲むぞー!ていうのは全く無いのだが
やはりクールダウンするのにとても重要だというのをこの日の夜にとても思った。

なのでGHEEEとのライブは打ち上げも含めて凄く楽しみにしていた!

そう思ってる日に限ってみんな忙しかったり何だったりで
打ち上げせずに帰るパターンの日だったりする
どんどんミュージシャン達が帰って行く中
GHEEEのメンバーでは一人残ってくれていた近藤におもわず抱きついてしまった。

なんだか打ち上げの話しかしてませんが、
もちろんこの日のライブが最高でございました。
どうもありがとうございます!

ライブの模様はWEBでレポートがあるらしいのでそちらで。


2014.1.28

「Teenage Gangsters!Vol.3」



☆1/26(sun)下北沢CLUB Que

「こいつは春から、、、、、」
てな言葉が自然と出て来る様な2014一発目のライブやった。

昔に比べると「初なんとか」「初なんたら」
という事を実はあんまり考えなくなって来ているのだが
楽しい事、嬉しい事が起こった時だけ都合良くそれが出て来る様になっとるな。

この日は本当に楽しい夜やった。
生音がダイレクトに響くQueでのライブは近い客席からの熱量も含めて
切れ味超良好の演奏で我々はご機嫌でございました。どうもありがとう!

お初のTAIJI at THE BONNETもその凄いメンツの個性が
ヨカヨカなサウンドで出まくっとって最高やった。

アンコールセッションでは高校2年生の楽器店の上でやったライブ以来に
「雨上がりの夜空に」も演奏出来楽しゅうございました。

それにしても奥野という男は
どの現場で会ってもいつもみんなの人気者だ!
まあ我が社も打ち上げで酔っぱらった洋一が
ヨーヘーと名前を変えどす黒い人気を集めとったけどね。

ふんならば!

2014.1.21

「ここんとこ」



RECも始まり
自分の大凡才と大天才のどちらとも付き合いまくっている日々です。
すでに「おおお!」というものも録れまくっとるんで完成を楽しみに待っとってください。

ふんで昨日はリハ
今年初めてバンドのメンバー4人が揃って音を出し
洋一の屁の「こきぞめ」で2014が見事にスタートしとります。
もうライブはすぐやな!出順は先です。

ふんならば!!

2014.1.3

「恭賀新年」



明けましておめでとう!

天気の良い正月で
ブラブラ散歩をしてもふんに気持ちんヨカな。

年明け早々RECが始まるのでその準備中な新年でございます。

今年もどうぞよろしく!!!!





杉本恭一 Official Web Site